レフ板の種類と自作

レフ板という名称は多くの人が聞いたことはあるでしょう。ただし頭に浮かぶイメージは様々なようです。単にレフ板と言っても沢山の種類があります。

管理人の身近な、写真とは全く無縁の方に聞くと丸型の折りたたみレフを思いうかべる人が多いようです。ブライダルの前撮りなどで、使っているのをよく見かけるそうです。

折りたたみレフとかサーキュラーレフとかの名称で沢山販売されています。管理人が数十年前初めて購入した時は、50cm径ぐらいの白銀2面の物が定価で1万円以上した覚えがあります。
現在は中華製が5分の1程度の金額で手に入ります。大きさは、よく撮影する物によりますが1枚(1セット)あっても無駄にはならないでしょう。

もう一つレフ板として認知度が高いのが V字型というかハの字型に開くレフ板でしょう。商品撮影でレフ板と言えばこのタイプを指すことがほとんどです。種類として白レフ、銀レフ、黒レフが市販されています。
(極一部金レフなどもある)

白レフ、銀レフの役割はお判りでしょうが、黒レフがいまいちわからない方が多いようです。
黒レフの役割もいくつかあり、反射を遮りシャドーをより黒くする。カメラに入る余分な光を遮る=ハレ切りという役割。被写体の輪郭に黒を写し込み切り抜きをしやすくするなどに使います。

このタイプは、100均の素材で簡単に自作出来ますので、購入したことがないカメラマンもいます。

レフ板自作の注意点

レフ板自作の情報はネット上に沢山上がっています。ただ間違っている内容もあります。一番多いのが、銀レフ製作にアルミホイルを使うことです。
アルミホイルをくしゃくしゃにした上で開いて発泡板に張り付けるという自作方法です。特定の商品を撮るなら使えないこともないのですが、写りこみがある被写体(撮る商品)の場合アルミホイルのしわが汚く写ってしまい使えません。銀レフは、梨地・無地の物を使うようにしましょう。

もう一点は、レフ板の素材です。厚紙で作成するように勧めているサイトもあります。これも止めておいた方が無難です。確かに軽い・薄いので携帯性は抜群です。しかし、撮影現場が室内でも風がある時があります。厚紙では扇風機はもちろん、エアコンの風でも倒れることがあります。(支える機材を別に用意するのは効率が悪い)少し重量感のある(密度がある)発泡スチロール板で作るのがおすすめです。なお発泡板でも支えがあった方が良い場合もあります。

大型レフ板

写真スタジオに行かれた方は、大きな発泡板で作った片面白・片面黒のレフ板を目にした方もいるでしょう。これは片面白、片面黒のカポック板と写真関係ではいいます。銀一という撮影機材専門商社で扱っています。4万円以上します。ホームセンターでは片面白、片面黒の素材は販売されていないと思いますが、似たような物を自作している方もいます。一番使う機会が多い大型白レフの自作はそれほど難しくありません。
すこし用途が違いますが、アマゾンでも大型レフも安価で販売されています。