これを知らないと機材の取り付けはできない(ダボ)

重要、初心者はここで戸惑うオスダボ、メスダボ

国産モノブロック

重要なのは、日本のものと海外のものでは規格が違うということです。

日本で発売されている照明機材は蛍光灯ライト、モノブロックストロボ(一体型のストロボ)大型ストロボヘッドなどは、スタンドへの取り付け部がオスダボ(17mm径)仕様です。

ところが、ほとんどの海外製品が逆になっています。ライトのほうがメスダボ(16mm径)ライトスタンドのほうがオスダボになってます。
スタンドに関しては昔から国内で販売しているマンフロットなどは、記号にJが付いている004JBなどとわざわざ日本向け製品があります。当然メスダボですから国産ライトを付けるのに問題ありません。

最近は中国製の製品が、たくさん出てきて複雑になりました。中国製などは、日本の規格に対する配慮はありませんから、購入の仕方によってはオスオス、メスメスで照明機材とスタンドが付かないということが発生します。

なお欧州・米国メーカーも中国と同じです。つまり日本の方が特殊と言えます。
さらに、エツミ(国内の有名写真用品メーカー)なども中国製ライトスタンドを自社ブランドで販売するようになりました。このため国内メーカーだから大丈夫ではなくなりました。

日本仕様17mmメスダボのスタンド
17mmメスダボのスタンド
中国製スタンド
中国製スタンドの先端(オスダボ)

中国製ライトスタンドの先端部分とLPLのメスダボに変換するアダプターです。

これを知らないと機材の取り付けはできない(ダボ)” に対して1件のコメントがあります。

  1. michi より:

    本当に日本はガラパゴスが多い。本当に迷惑だ。国産ストロボ使っている人はいいのだろうけど。海外製品が多く入ってきているいま、業界あげて海外規格に合わせる動きを見せて欲しい。本当に迷惑

この投稿はコメントできません。